かのペットクリニックより皆さまへ

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

健康診断のススメ

c0315684_11160618.jpg
c0315684_11160970.jpg
c0315684_11161283.jpg

c0315684_11161400.jpg
c0315684_09172556.jpg



















[PR]
by kano-petclinic | 2014-03-26 17:36 | ばるとすーちゃんより皆さまへ | Comments(0)

フィラリアシーズン その③ 猫のフィラリア症について

みなさまこんにちは。

いんちょうです。

今日は 猫のフィラリア症 についてご説明しますね。

フィラリアはワンちゃんだけではなく、ネコちゃんにも感染してしまいます。

以前はさほど知られていなかった猫のフィラリア症ですが、突然死 や などの呼吸器症状、慢性のおう吐 の原因となることが分かってきました。
そして、近年その割合も次第に増えてきています。 

これは、以前までは肺炎や気管支炎、ぜんそく と誤って診断されていたものが正しくフィラリア症と診断されるようになったためでもあります。

ある報告では、突然死を起こして亡くなった猫ちゃんの約3分の1 にフィラリアの寄生が認められた、とのこと。
(ちなみに、残り3分の1は心筋症と呼ばれる心臓病、残り3分の1は脳疾患などその他)

猫では、心臓に寄生したフィラリアに対してアレルギー反応が起こり、空咳や呼吸困難、おう吐、下痢 などがみられますが、約3割の子は特に症状が出ないままとなります。

そして、運悪くフィラリアが肺の血管に詰まってしまった場合・・、突然死を引き起こしてしまいます。

フィラリアが感染しているかどうか、採血をして抗体検査や抗原検査を行ったり、心臓の超音波検査でフィラリアを探しますが、残念ながら100%判断できるものではありません。

診断が難しい以上、予防をしてあげることが非常に大切になってきます。

感染経路は犬と同じく、蚊による吸血です。
そのため、5月から12月の間に予防薬を使うことで予防ができます。

猫ちゃんだと飲む薬は嫌がってしまうことが多いため、1か月に1回、背中に少量の液体を滴下するタイプが選ばれる傾向にあります。

少し前までは、猫フィラリア症といっても「ご心配であれば」といったレベルでしたが、現在では外にお散歩にいく猫ちゃんはもちろん、屋内に住んでいる子でも「できる限り予防してあげた方が良い」と考えられるようになってきています。


御質問やご不明な点があればお気軽にご相談くださいね。






[PR]
by kano-petclinic | 2014-03-21 15:08 | 院長より皆さまへ | Comments(0)

4月よりトリミングの曜日が増えます!

4月より、トリミングの曜日が増えます!


トリミング受付日:水、木、金、土、日

トリミング定休日:月、火


皆さま是非ご利用ください!



~当院トリマーの紹介~


c0315684_16553224.jpg

荻原明弓
スカイグルーミングスクール卒業
JKC公認トリマーライセンスB級
趣味:フットサル・剣道




見た目の可愛さはもちろんのこと、ご自宅でもケアしやすいカットを心がけております。
シャンプー・カットのご要望は、お気軽に私たちにご相談下さい。
皆さまどうぞよろしくお願いいたします!









[PR]
by kano-petclinic | 2014-03-19 17:52 | 病院からのお知らせ | Comments(0)

フィラリアシーズン その② 予防薬について

こんにちは。いんちょうです。

その①に続きまして、今日はフィラリア予防薬についてご案内いたします。


大きな違いとしては、まず

①お薬のかたち  錠剤タイプ、おやつタイプ、背中に滴下する液体タイプ
 

わんちゃんにあげやすい方法でお選びください。
食べてくれる子であればおやつタイプ、食べてくれないけれどもお口の中に入れられる子であれば錠剤タイプ、どうしても服用できない子であれば液体滴下タイプ など



②フィラリア以外の寄生虫に対する効能


フィラリア予防を行うと同時に、お腹の中に寄生する消化管内寄生虫や、ノミ・ダニなどの皮膚に寄生する外部寄生虫も一緒に予防・駆虫できるタイプもあります。

すべてを予防すれば良いという訳ではなく、わんちゃんの生活する環境(お散歩にいく、草むらを走り回る、拾い食いをしていまう)に応じて予防しなければいけない寄生虫はさまざまです。我が子に本当に必要な予防を心がけましょう。
 


③副作用

非常にまれですが副作用がでることがあります。けいれんやおう吐、下痢、皮膚のかゆみなどがみられます。
副作用が出やすい犬種やほかのお薬との相性、安全性、副作用が起きてしまった際の対処法についてしっかりと理解することが大事です。


予防薬の種類が多く、お悩みの方も多いかと思います。
何よりも大切なのは、5月から12月まで毎月1回わんちゃんも飼い主様も無理なく投与できること。

ご家族にとって最も適した予防薬をご相談させていただきます。

次回は 猫のフィラリア症  についてお話しますね。


[PR]
by kano-petclinic | 2014-03-17 10:07 | 院長より皆さまへ | Comments(0)

フィラリアシーズン、フィラリアとは? その①

皆様こんにちは。 いんちょうです。

少しずつ春の足音が聞こえてきましたね。牧場の出産ラッシュが待ち遠しいこの頃です。


本日はフィラリアという寄生虫、病気についてご説明したいと思います。

フィラリアは、犬・猫の血液や心臓に住みついて心臓の構造を壊してしまい、致死率が非常に高い心臓病や肺炎 を起こす寄生虫です。

このフィラリアという寄生虫は、蚊に血を吸われることで感染が起こります。
つまりは、蚊が発生する季節にしっかりと予防薬をつかうことでほぼ100%、フィラリアから心臓を守ることができるわけです。

当院では、5月から12月 の8か月間 の予防をおすすめしています。(ちなみに、暖かい地域では1年中の予防が推奨されているところもあるんです。ここにも温暖化の影響があるんですね。)


そろそろ予防開始となりますが、そこには一つ注意点があります。

予防薬は、健康な子にあげてもほとんど副作用を起こすことはありませんが、フィラリアに感染している子に投与してしまうと重大な副作用を起こすことがあります。

そのため、予防開始の少し前、3月から5月 の間にフィラリアに感染しているかどうかの検査 を行わなければいけません。

これはほんの少しの血液を採るだけで、その場ですぐに判断ができます。

検査の結果、フィラリアに感染していなければ、、予防開始OK! という運びになります。




ただ、、フィラリア予防薬はいろいろ種類があってわからない! といった飼い主様のお声もよく耳にします。

次回はフィラリア予防薬の種類について、ご説明いたしますね。





[PR]
by kano-petclinic | 2014-03-12 18:30 | 院長より皆さまへ | Comments(0)

4月20日(日)開催! 第3回しつけ相談会のお知らせ

皆さまこんにちは!
看護師の青山でございます。

当院では2月より毎月1回、しつけ相談会を開催しております。

・インターホンが鳴ったり、来客が来ると必ず吠えてしまう。
・食糞をしてしまう。
・トイレトレーニングが上手くいかない。
・拾い食いをしてしまう。
・かみ癖がひどい。
・はじめて仔犬を飼ったが、どうやってしつけをしていけば良いのか知りたい。

などなど。
日頃の診察でも、飼い主さまよりしつけのお悩みを耳にいたします。


皆さましつけにお困りのことはございませんか?
もしお困りのことがございましたら、諦めずに一度インストラクターに相談してみてはいかがでしょうか?
わんちゃんに関するちょっとした相談事でも構いません。
個別での相談会になりますので、その子その子に合ったアドバイスをさせていただきます!


第1回、第2回は土曜日に行ってまいりましたが、ご要望により第3回は日曜日に開催いたします。
是非この機会にご参加ください!




ドッグトレーナーによる個別しつけ相談会


日時:4月20日(日) 9時~12時 (時間内随時受付)
インストラクター:「犬の家庭教師 ワンドゥ」
            半藤綾子トレーナー

料金:最初の30分 1000円
   延長30分毎  500円



飼い主さまのみでの相談もOKです。
わんちゃん同伴の場合は、いつも使用している首輪や胴輪・リード・おやつをご持参ください。
また、困っている行動の原因となっているものがご持参できる場合は、そちらも合わせてご持参ください。
(例えば:毎回排尿をしてしまうクッション、置いておくとかじってしまうレジ袋など)


予約制ではありません。
9時~12時の間、随時受付しております。
ご都合のよろしいお時間にお気軽にご参加くださいませ♪

パンフレットをご用意しておりますので、ご興味のある方は是非お立ち寄りくださいね。
お問い合わせのお電話もお待ちしております!


皆さまのご参加、お待ちしております♪










[PR]
by kano-petclinic | 2014-03-10 09:45 | 病院からのお知らせ | Comments(0)

千葉県松戸市「かのペットクリニック」のブログです。
by kano-petclinic
プロフィールを見る

最新の記事

検索

イラスト:まるめな